FC2ブログ

48■激励品を自慢する師匠利用の波田地

波田地克利
01 /14 2020
 「はたちチャンネル」なるYouTubeチャンネルが立ち上げられ、動画が公開されています。
こんなどうしようもない動画を宣伝することになってはならないと、これまで言及していませんでしたが、再生回数は伸び悩み、その内容もあまりに下劣でひどいため、今回から適宜触れたいと思います。

 動画を見て、これが波田地の言う〝新しい学会を作るための集会〟なのかと、呆れてものも言えません。
男子部長の名前を腐してみたり、自分の過去の話をダラダラと自慢げに話したり……。広宣流布への熱情や信心の歓喜は感じられず、今の学会はこうだ、今の若い人にはこれがないとボヤく、残念すぎる内容でした。
地道な学会活動もせず、今や除名された男に、学会云々と言われること自体が不愉快です。

 話ぶりや内容を生で見ることができ、柳原氏のコラムや創価新報で書かれていた通りの「組織を攪乱する反逆者」であることが鮮明になりました。

 以前から柳原氏は、波田地が「金褒章をもらったと法廷で自慢した」と指摘してきましたが、私としては池田先生からの激励品を自慢することなど考えられず、正直、あまりピンときていませんでした。
しかし、動画を見ると、「どこの副会長よりも金褒章もらうの早かったんですよ」と、本当に自慢していました。

〝自分は先生からこんな物をもらった〟
〝自分は先生からこんな話を聞いた〟

 「先生」「先生」と語っているようで、よく聞くと「自分の話」。
自分は凄いんだ!と誇示するために師匠を利用しているに過ぎないのです。

 そんなことをするために、先生は金褒章を下さったのでしょうか?
師匠のことを語ると見せかけて巧妙に自己宣伝する波田地の実態が、如実に表れている動画でした。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

たきのごとく

創価学会の壮年部員です。
男子部時代から学会に仇なす輩は絶対に許さないと決めて戦ってきました。
池田先生と共に、学会の同志と共に、今日まで戦い抜けたことが誇りです。
これからも、「生涯青年」の心意気で戦っていきます!